iPhoneのサイズの違い

日本でも抜群の知名度を誇り、最も利用者の多いスマートフォン機種の一種であるiPhone。

iPhoneは一貫した洗練されたデザインとサイズにより機種変更をした場合でも比較的違和感なく使うことのできる端末でしたが、現行で販売されているモデルからはサイズが変更され、ユーザーの好みやライフスタイルに応じてより自由度の高い選択が可能となりました。

現在家電量販店やアップルストアなどで購入可能なiPhoneは大別すると3つのタイプがあり、5s・6・6Plusの3種類となっています。

一つ上のソフトバンクの機種変更情報サイトをお探しの方にはこちらをご覧ください。

この中で最もサイズが小さくまたモデルが一つ前の世代となるのが5sとなります。


5sの画面サイズは4インチとなっており手の小さな女性であっても比較的楽に取り扱いができるというメリットがあります。



また最も重量が軽いのも5sとなっています。6と6Plusは現行で販売されている最近モデルであり性能や搭載されているチップは細心のもととなっています。6と6Plusの違いは画面サイズと解像度以外は殆ど同じものと表現しても差し支えないほどで、自分の好みや使い方に応じて適切なサイズを選ぶことができます。
6は4.7インチという画面サイズで5sよりもやや大きめのサイズとなっています。
できるかぎりコンパクトにiPhoneを持ち運び、主に片手で操作をしたいと考えている人には最適な選択肢の一つとなることでしょう。

一方で6Plusは5.5インチの画面サイズがあり歴代のiPhoneの中でも最も大きくなっています。


映画や電子書籍を頻繁に閲覧する場合や文書の編集や管理を行なうビジネスパーソンなどに適していると考えられます。